職種別社員インタビューbtn-career-entry

人の育成を重視する環境を求めて転職

ホテル専門学校を卒業して大手ホテルに入社。先輩の層がすごく厚いホテルを離れて自分を試してみたい気持ちがあり、当時実力主義の会社として有名だったベンチャーのレストラン経営会社に移りました。アルバイトから立候補制度で社員になり、その後もバーリーダーから時間帯責任者へと、一気に上がっていきました。手ごたえはあったのですが、常に社員同士が競い合っている環境で、スタッフの定着もあまりよくありません。今後店長になっていくことを考えると、目の前の業績(=自分の成績)も大切ですが、人の成長にしっかりと関わっていける環境が必要だと考えたときに、フォーシーズという会社があることを知りました。

転職してから第一ステージ

トゥ・ザ・ハーブズ事業部に配属され、研修店舗ではキッチン業務を習得することが目標となりました。ずっとホールサービスの世界できた私には衝撃もありましたが、その後店舗をマネジメントするうえでは、大事なスキルが身につきました。早々に異動したのが入間のアウトレットパーク店で、トゥ・ザ・ハーブズでは初めてのフードコートのお店。私は二番手のポジションでした。キッチン業務をアルバイトに教えていくことが不可欠でしたから、早速研修で学んだことが活かせました。
そのときの店長は、人を動かすのがとても上手な方でした。新店オープンでどんなに大変な場面でも、アルバイトスタッフに「ありがとう」「助かるよ」といった感謝の言葉を忘れないのです。私が考えるに、できる店長には二つのタイプがあって、圧倒的に仕事のできるカリスマタイプと、部下の話をよく聞いてコミュニケーションで店舗をまとめていくタイプ。自分が目指すのは、後者なのかな、と考え始めたのもこの頃でした。その後既存店でホール責任者を務め、そのあと入間に戻って店長になったときには、以前の店長がエリアマネージャーに昇格。お互いステップアップしてまた、一緒に仕事ができたことがうれしく、大変なこともありましたが、その頃のスタッフとは、今でも会ったりするくらい、いいチームができました。

転職してからの第二ステージ

その後は立川店、荻窪店と駅ビル内の比較的小型なタイプの店で店長を務めました。荻窪店は立て直しが必要な店でしたので、着任当初キッチンのチーフと二人でよく話し合いました。「いいサービスと美味しい商品、これこそが最高の販促になる」と信じて、まずは社員の自分達が声を出し楽しく仕事をするところをスタッフに見てもらおう、と。そしてスタッフが考えて行動したことは、たとえそれが正解でなかったとしても、褒めて話を聞くことを大切にしました。そうした中で仕事に目標をもってくれるスタッフが増え、今では必要に応じてホールとキッチンの両方ができるスタッフが育ってきました。売上は着任3か月後から改善し始め、2年にわたって売上増となり、利益もずいぶん改善しました。
今はエリアマネジャーとして、同じ駅ビル立地・生麺業態の3店舗を統括しています。提供スピードが速く、回転率をあげていける商品構成なのですが、客席・スタッフ数も多くはない店舗ですから、スタッフをマルチスキルに育てていく必要があります。店長によく話すのは、一つ一つの仕事の意味を伝えて、みんなの意見を最後まで聞いてから、その後自分の意見や感情とすり合わせて、それからまた発信するという順番がいいのでは、ということ。「スポンジみたいな人」…まずは、すべてを吸い取って、自分から絞り出すのはそのあとで良いのでは、と話しています。

転職を考える方へ

フォーシーズの社風として、労いの言葉のある会社だと思います。苦しいとき、辛いときはありますが、タイミング良く「無理するなよ」と声をかけられます。ヘルプを送り合いながら、社員が休みをきちんと取れるようにするなど、フォローする体制ができてきています。もちろん完璧ということはないですが、その人の成長や人生を考えてくれる風土があるので、自分の人生プランを立てていけると感じています。