会社概要

フォーシーズは食に携わる企業として、さまざまな支援活動を通じて健全な青少年の育成や食育、
そして 明るい未来創りに貢献してまいりたいと考えております。

熊本地震の被害に対する支援活動を行っています。
  • 地震発生直後より、避難所をお届け号(ケータリングカー)で訪問し、ピザの提供を続けています(2016年4月21日~)。
  • 除菌用アルコール製剤「ジェームズマーティン」を各種施設へ寄付いたしました。
  • フォーシーズグループ各店舗に義援金募金箱を設置し、集まった義援金を「公益財団法人ライオンズ日本財団」を通じて被災地への方々へお届けいたしました。


フォーシーズはフード・アクション・ニッポン アワード2016を応援しています。
楽しみながら社会のしくみが学べる「キッザニア」への出店・スポンサー活動を行い、こどもたちに食べることの大切さや楽しさを伝えています。
NPO法人日本バリアフリー協会主催の「日本ゴールドコンサート」に協賛しています。
日本オプティミストセーリング選手権大会に協賛し、青少年のOP級ヨットの活動をバックアップしています。
美しい富士山を子どもたちに残していくために・・・フォーシーズは富士山クラブの団体会員です。
日本車椅子バスケットボール連盟主催「日本車椅子バスケットボール選手権大会」に協賛、応援しています。
子どもたちに社会のしくみや経済の働きを教育するジュニアアチーブメントジャパンを支援しています。
21世紀の人材創りを目的に活動している「二十一世紀倶楽部」を応援しています。


東日本大震災の復興支援活動を行いました。
  • 「たちあがろう釜石・釜石復興祭」への炊き出しにピザーラが参加しました。(2011年10月22日〜25日)
  • 宮城県石巻市の避難所で炊き出しピザーラの提供を行いました。(2011年6月10日〜13日)
  • 釜石市内の小中学校、幼稚園など33カ所および、避難所の方たちへ計約10,000食の炊き出しをピザーラが行いました。(2011年5月16日〜23日)
  • 東日本大震災復興支援活動 仙台市内の避難所となっている小中学校に計4,100食のピザをお届けしました。(2011年4月2日〜8日)
  • 釜石市へ配達用バイク30台、15人乗りバス1台、レインウェア、防寒ブルゾン、トレーナーなど計1,700着、アルコール製剤156本を支援しました。
  • ピザーラで、2011年7月1日から8月31日の2ヶ月間、ピザの売上の一部を義援金として寄付する「皆様の思いをお届け」プロジェクトを実施。合計6,962,850円を寄付しました。


全日本デリバリー業安全運転協議会(SDA)の会員企業として参加しています。 安全運転の管理体制向上に努め、安全管理習慣を習得した青年を社会に送り出しています。
http://sda1.sakura.ne.jp/

1)正式名称
全日本デリバリー業安全運転協議会
・略称 SDA
・設立 平成5年9月
・アドレス: http://sda1.sakura.ne.jp/

 

2)会員数
正会員 13社
賛助会員 39社
合計店舗数 2,882店
(平成27年7月11日現在)

 

3)主な事業

◆店長等管理者を対象とした講習会の開催
  ・ 安全運転管理・車両メンテナンス 座学講習会
  ・ 安全運転管理・犯罪防止対策 座学講習会
◆宅配従業員に対する安全運転実技講習会の開催
◆会員各社の無事故・無違反運動への参加
◆安全運転マニュアルの発行(店長用及びドライバー用の2種類)
◆機関紙の発行(「SCRUM」を年2回発行)
◆競技大会の開催
  ・セーフティーコンテストの開催(会員各社の選抜選手による競技会) (年1回)
  ・警視庁との共催による「デリバリー業安全運転競技会」の開催    (年1回)
◆会員会社による実務部会の開催(東京で月1回、大阪で四半期に1回)
◆各都道府県警察の交通事故防止及び防犯対策への協力
  ・交通事故防止及び防犯チラシを地域住民に配布
  ・高齢者運転免許自主返納の促進運動にピザーラ特典クーポンで協力(東京都及び大阪府)
  ・子供と女性の犯罪被害防止等を目的とした防犯活動「こども110番活動」に
   バイクでのステッカー告知で協力(京都府)
  ・行方不明者に関する情報を入手した際、遅滞無く通報するよう従業員に指示(兵庫県)